KDP表紙メモ

たぶん十年以上ぶりにまともにお絵描きしてるので、久々すぎていろいろあれなのですが、KDPのために自分で表紙を描いたので、ちょっと記録的なものを。

まずはラフすぎるラフ。
プロット書いたり、ちょっとしたことをメモしてるノートに、ざかざかとこんな感じでっていうざっくりな表紙案を。
それを無料お絵描きソフトのGIMPに取り込んで、予定してる表紙サイズに合わせて拡大。
これはそこになんとなくタイトル文字を配置してみたもの。

test1

そして下絵に沿ってざっくりとペンタブレットでGIMPにお絵描きラフ。まあこんな感じかなあというような感じで。

test2

ところがいざ主線を書いてみると自分の画力の未熟さがどかどかと押し寄せてきまして、デッサンがあれだとか、ラフではなんとなく描けてたような気がするものが描けないとか、いろいろ問題が起きまして、そういうのを誤魔化そうと(笑)ペンタブで描いたほうのラフを拡大したり位置変えてみたり(ちなみに攻と受のレイヤーは別なのでいろいろ配置を変えられる)いろいろしてから、いざ線画。

test3

結果こんな感じに。
で、なんとなく全体に色を入れてみる。先に背景らしきものを作ってしまい、こんな感じでいいかと(適当に)決める(この時点でどう描くのがより最適なのかわからなくなってる)。
この辺りですでに、人物のサイズ変えないほうがよかったかなあと若干後悔してるけど、もう今さら描き直す気力がないので、このまま進める。

ざかざかと色を入れていき、ああでもないこうでもないと試行錯誤しながら、なんとかここまで描き上げる。ペンタブレットにも慣れてない、お絵描きソフトにも慣れてない、絵を描くこと自体久しぶりな中で、これだけ描けたら上等でしょうと自画自賛しつつ、もう終わらせてしまいたい欲求にかられてる頃。

test4

最終的にはこんな感じ↓になりました。もう直したいところだらけですが、どう直したらいいのかもわからず、これを完成品としましてKDP出版手続き。無事配信となりました。
しかし、いざAmazonのKindleで他の本と並んでみると、画力の差が歴然としておりまして、ああこりゃいかんなと。描き直したほうがいいかもと。今はそんな心境でございます。
もっと研究しないとダメですね。
あとは、お絵描きの途中で挫けてきたのも敗因のひとつかもしれません。

KDP1-1

そんなこんなで描き直す気力が湧いてきたら描き直そうと思います。KDPの表紙は差し替えたかったらいつでも差し替えられるので、そのうちぬるっと違う絵になってるかもしれませんw