KDPの表紙を描き直した話

2014年に「すれちがいの恋」というセルフパブリッシングの本をKindleで出したのですが、長らく表紙が不満でした。

自分で描いたやつですけども。

というわけで最近お絵描き練習するようになったので、表紙を新しく作り直すことに。

ちなみに前回の表紙の話。
KDP表紙メモ

前回はラフすぎるラフを紙に手描きで描いていたようなのですが、今回はフルデジタルで!

下描きからすべてパソコン上で描いてます。

お絵描きソフトはメディバンペイント。そしてWACOMのペンタブレット。筆圧感知ありがたい。

表紙のサイズで非常に悩んだのですが、後でいくらでも縮小できるので、大きめに描くことに。

小さく描いて拡大するほうが厄介なので、大きく描いて小さくします。

一般的な商業誌でのマンガの原稿サイズがB4なので、とりあえずB4にしてみました。


ざかざかざかっと下描き。鉛筆ツールです。


こんなもんかなってところでペン入れ。

もともと紙に手描きでもGペンを使っていた人なので、メディバンペイントでもGペンを使用してます。

まだ描き慣れていない、使い慣れてない気配が漂ってますな。

もっともっと慣れないとダメですね。


ペン入れ終わったら色塗り。

下塗りはペンツールで薄い色をベタ塗り。その上に別レイヤーで水彩ツールを使って影の部分を塗ってます。

服の影の部分は水彩ツールじゃなくてペンツールです。

さらに別レイヤーでハイライト入れたりとか。

色塗りがとにかく苦手なので、手探り感が満載です。

レイヤーの枚数はとても多い。

さらに別レイヤーで背景入れて、主線を黒から茶系に変えて、あれやこれやして仕上げまで。

まだ直せるところがありそうな気がして後ろ髪を引かれつつも、とりあえず完成形です。

実際はタイトル文字と著者名は、下描きの頃から別レイヤーに作って表示させながら描いているのですが、邪魔なので非表示にしてました。

タイトル文字もなにげに1文字1レイヤーで、手動で配置しながらやってたり。

黒字の上にオーバーレイでグラデーションかけてます。

全工程は書ききれてないですが、他にも地味にちょこちょこいろんな作業してます。

そして、このままではサイズが大きいので、KDPの表紙の推奨サイズに合わせて縮小します。

あとは本文の小説を読み返して誤字脱字チェックしたり。

まだAmazonのほうには修正版は登録してないので、もろもろの修正が完了した頃にupしようと思っています。